ヤク中のヤク中によるヤク中のためのヤク中防止講座

へーい、今回は咳止め乱用の問題点について書いていきます!!

 


薬学部で現役ヤク中が書くドラッグの記事の信ぴょう性の高いこと高いこと、エベレストを通り越して成層圏にたどり着くんじゃないだろうか… ちなみに成層圏は場所によって高さが違い、極地だと8キロからが成層圏とかいうことがあるから一概に成層圏のほうが高いってことは言えないんですよ!! すごいどうでもいいし自分もついさっき知りました。閑話休題。咳止めについて書きます

 

 

まず問題なのは依存性があること。週2回がボーダーラインくらい。どこかのブログには、「咳止めを週2回以上過剰服用すると人として終わる」と書かれていました。そのブログの書き手も咳止め乱用者でした。圧倒的説得力… これによるともうわたしは人として終わっているらしいですがそれを置いて話を進めましょう。

週2回以上使うと多分離脱症状(禁断症状)が出てきます。具体的には口が乾く、めまい、動悸、などが起こるようになります。この辺りはまだ大丈夫、耐えられる…!! ってかんじがしますがこれらは離脱症状を人類の歴史に例えると旧石器時代くらいにあたります。まだ銃とか使えず石で殴りあってた時代レベルに進んでない。

これらを通り過ぎると次は風邪を引いたような症状が現れます。具体的に言うと異常な発汗、発熱、頭痛などから始まりなぜか咳まで出るようになります。咳止めを飲んだのに咳にとらわれるとはなんて業が深い… なんて笑ってる場合ではありません。入院してた頃ですがこのせいで体温を計ったら38.7℃なんてことがあるレベルの悲惨さです。こんな症状が1、2週間続きます。この1、2週間は歴史に例えると旧石器時代から平成の時代にさかのぼってさらには未来に行っちゃうレベルのしんどさです。ごめんなさい例えが分かりにくい。けどとりあえずしんどい。これは体験してみないとわからないつらさなのかもしれないですが体験することはやめておくことをオススメします。戻れなくなる可能性もあるので…

 

 

他にある問題に鬱っぽい人は鬱が悪化する可能性が考えられます。言ってしまえば咳止め類は一時的に時間を前借りする行為。かっこよく言えば、「徹夜ハイテンション現象」
みたいなものです。後々ツケが来る。それが鬱の悪化という形で現れます。これが怖くて咳止めをやめられない、みたいな負のスパイラルも出来上がったりするとかなんとか…

 

 

他にもまだまだ問題点があります。それは何かといいますと時折ですが統合失調症みたいな症状が現れます。陽性症状のほうですね。幻覚とか幻聴とか周りが自分の悪口を言ってるように感じるとかいう症状が現れるようになるかもしれないです。自分は周りの人全員がいつの間にか全員ロボットに入れ替わってしまった、というせん妄に駆られパニックになりました。まあ普段から幻聴や幻覚とか記憶が飛ぶとかを精神疾患で記録しているので何とも言い難いですがそういう症状が現れることがあるということです。怖い。

 

 

まだまだあります問題点。それは美容的な問題。まず顔がやつれます。これは麻薬類似成分の片方のせいで交感神経が活性化されるせいで食欲がなくなる、かつその物質のせいで代謝が上がるせいです。

他にもメスマウスっていうあれありますよね? 末期はあんな感じになります。さらに咳止めにはリン由来の物質が入っており歯のエナメル質が解けます。

 

 

そしてやはり一番大きい問題(?)としては人間関係が終わります。人間として終わるようなことらしいですからね…周りからの目線が痛く突き刺さります。あの人はやばい奴だ、みたいなうわさが周りで飛び交い始めます。けど咳止めのせいか万能感にあふれてそんなことは些細なことに思わずハイテンションで人に絡みまくります。その結果余計に気味悪がられて周りから人が減ります。なんでこんな具体的に分かるのかだって?それは自分の体験だからだよ!!!!!! 最近は学校で3人くらいしか絡んでくれる人いなくなったよ!!!!!! 死にたい… 

 

 

といった感じにやばいことになること間違いなしなので皆さん間違っても薬物乱用はやめるんだ… わたしの犠牲を無駄にしないでくれ…!!

 

こんなこと言ってますがわたしも徐々にやめつつあります。 正直離脱もそんなに出てないです。大丈夫。引き返せるよ。

コミュ障でも彼女を作る方法

こんにちは、カプリスです。今回は要望の多かったコミュ障でも彼女をつくる方法、を紹介していきたいと思います!!いえーい!!ぱちぱちー!! 1人で盛り上がってないですすめます。
ここで1つ忠告ですがこれがほんとに通用するかはわたしは責任が持てません。わたしはこうしてきたよ、ってだけです。


とりあえずまずこれ!!これはとても簡単、彼女ができないなら造ってしまえばいいじゃないか理論です。

 

f:id:hodaka1026:20170520184008j:image

↑こんな感じに身体をもっていかれる可能性が高いですが彼女を作るのはそれほど難しいんです...

しかぁし! 現代の技術ではこんなことは必要ないです!!iPS細胞というとても便利なものがありまして...人間のクローンを造れば...!!

f:id:hodaka1026:20170520184031j:image

すいません許してくださいなんでもしますから...!!

ん、今なんでもするって言ったよね、なんて言わないでください。なんでもしますから!!


茶番はこの辺にして真面目に書きましょう。まず1番大切な事としてコミュ障だろうがなんだろうが受け入れてくれる優しい人間を探します。この優しい人間の一覧には変人好き、とかも入ったりしますがそのへんは置いときましょう。この過程が正直めちゃくちゃ重要です。どれ位重要かと言うとラーメンの麺くらい重要です。麺なかったらただのラーになっちゃうからね。ラー油とかラーメンとかあるけどラーってほんとなんなんでしょうか?太陽神?

 

話がそれました、とりあえずこれは重要。では相手を見つけたあとの話をしましょう。


相手を見つけたあとは喋りタイムに突入です!! ここでとりあえず上手く話せばいいと思います。それが出来ないんだよ! って人が多数だとおもうのでわたしがやってることを挙げていくと

・相手に喋らせる(聞き手に回る)
・笑顔
・相づちを丁寧に打つ

などをこころがければよいかと... いつもわたしはこれをしております。一応それなりに解説していきましょう!

 

自分が無理にしゃべる必要はありません、無理にしゃべって引かれるより相手の話をうまく聞ける技術を入手しましょう。これの入手の仕方をわたしは知りません。ずっと人の話を聞いてたらできるようになってました。あと相手の話に対してちゃんと興味を持つこと。これさえ出来ればうまく聞けます。
笑顔、は言わずもがなですね☆
相づちはもう相手の話を聞くのと一緒です。相手の話に興味を持ちましょう。とりあえず相手の話に興味を持つのもちょー重要ですのでほんとに心がけましょう。

その後仲良くなった! となったあとの話はまた今度しようと思います。こうご期待!!

閉鎖病棟の扉を開けると死んだ世界が広がっていた

コミュ障でも彼女を作る方法について論じてくれ、とコメントをいただきましたがわたしは複数の下書きを同時に書きつつ書き上がった順に公開していくつもりです。あと何か書いてほしい内容があればコメントを下さい。頑張って書きます。

今回はブロンについて書きます。ブロンは身体依存が強くなかなかやめれません。その話を今度しますので、てめぇやめれてないじゃねぇか! と怒らず読んでください。


わたしは最近完全に咳止め(商品名ブロン、以下ブロンと呼ぶ)依存者と化しました。昔はたまに嗜んですごーい!! たのしー!! みたいにサーバルちゃんのようなテンションで遊んだり閉鎖病棟の中(薬持ち込み禁止、入口で持ち物検査あり)の中に密輸入して高値で売り飛ばしたりみんな集まってラリパッパーティーしたりとしてたくらいですが最近はついに目を覚ますために使いだしました。毎日眠くて仕方ないので毎日ブロン。来る日も来る日もブロン。そうしていると飲まない時に離脱症状が出るようになりました。もう末期だね。
そんなことをしてたもののマリアナ海溝を貫いてマントルにたどり着きそうな深さの反省をいだいたわたしは1つの考えに至ります。


「そうだ、ブロン液にしよう」

 

馬鹿!!!!なんでだよ、なんでそういう考えにいたるんだよ!!!!!


薬に詳しくないメンヘラルーキー向けに解説しますとブロン錠には2種類の麻薬類似物質(アッパー系のメチルエフェドリン、ダウナー系のジヒドロコデイン)が入っています。しかしブロン液にはジヒドロコデインしか入っていないのです。
これを聞いて気づいた人もいると思いますがわたしがブロン液には覚醒作用のあるメチルエフェドリンは入っていません。目覚ましにすら使わず嗜好でブロンを使うあたりヤク中として悪化してる気がします。
しかし残念なわたしはそんなことを気にとめずどこぞの晩ご飯を無銭飲食する番組がごとく薬局に突撃しました。

そして迷わず咳止めの棚へ!! 咳止め以外にもおもしろい薬はありますがたいてい面白い薬は咳止めです。コンタックSTとかね。これメンヘラ二段への昇段試験に出ます。ちゃんと覚えておこう。
そしてそのままブロン液エースをカゴの中にシュート!!超エキサイティン!! とはせず普通に持っていきました。そしてレジへ、もうブロン購入常連と化してるわたしには他の薬飲んでますか、などの質問をされなくなりました... やったね通いつめたかいがあったよ...


そして出てそのままフタを開けて手を腰に当てて風呂上がりにコーヒー牛乳を飲むかのようにゴクリと!!

 

ブロン中毒であった中島らもは著書のアマニタ・パンセリナで「どろりとして甘ったるく薬くさく、なんともいやな味のものだ」と語っていたが...

 

美味しい!!!!!!

 

とても美味しいのである。例えるならバニラアイスにちょっとミントの味を足した感じである。めちゃくちゃ甘いが後味スッキリ。さいこーである。
ん、待てよバニラ味... と思ったわたしはそのままコンビニへ突撃しバニラアイスを購入。そして某調理番組で料理にオリーブオイルをかけるがごとくブロン液をバニラアイスへ!!!!!
そしてそのままひと口パクリと...

 

ちょーおいしい!!!!!!

 

まさにバニラonバニラ、バニラとバニラが合わさって最強に見える。もうマジでバニラである。バニラがバニラでバニラである。この大量のバニラをじっと見つめてみよう。ゲシュタルトが崩壊します。

バニラonバニラを食べて待つこと30分、独特のふわふわした感じが...!! 人はこれを多幸感と呼ぶらしい。ふわふわしすぎてフワライドになりそうだ。付和雷同な自分がフワライドになるとはこれいかに。

f:id:hodaka1026:20170515202428j:image ↑フワライド

 

ちなみに筆者はポケモンはBWで止まっております。

 

 

結論:ブロン液は錠剤より早く効く。多幸感は同じくらい。けど1回1回がお高い

 

ヤマもオチもありませんが今回はこのあたりで

 

追記 Twitterやってます。ブログから来た人はふぉろーしていただければこれと同じような文章をより多く目にできるとかできないとか

↓↓↓

https://mobile.twitter.com/caprice1026

ペッパー君のステルスマーケティング

このブログはメンヘラであるわたしがメンヘラ的な日常を淡々と語るものです。過度な期待はしないでください。まず最初に語るはわたしのコミニュケーションについて

メンヘラブログじゃないじゃん!! って思われる方もいるだろう、しかしいきなりメンヘラ的なことを書いて引かれるのは怖いのである。まずは肩慣らし...から...

 

コミニュケーションが苦手である。と言うと「はっお前がコミュ障とかそんなけないだろwww」
と言われる方が沢山いるだろう。
しかしそれはなんというか条件付きでありシンデレラの魔法の様なものなのである。

 

 

今は亡きメンヘラ神は、「会話の時どこを見ていいのかわからない」
とブログで語っていたがわたしは全く違い、「どこも見てないといけない」のである。わたしはなぜが昔からとても嫌われることが多く、面と向かって「お前のこと嫌いだから」 とよく言われるのである。それがとても怖い。し、仲良い人に言われようものなら睡眠薬を大食い大会で優勝できるような量食べてしまうだろう。ちなみに睡眠薬大食い大会の優勝報酬は人生リセットのチケットです。
話がそれたがそれを怖がるゆえに相手の目線、手の動き、足の動きなど全てを事細かく観察して相手が何を考えているか必死に読もうとするのである。また、声のトーンや言うスピード、その言葉の裏に隠された意味まで考えてしまうので相手に言葉を返すまでラグができるのである。
例えば「今日暑いね!!」 と、何の脈絡もなく言われようものなら

 

(今日...? そんな暑いか...? まさか何かの隠語...? いや、そんなはずはない、多分相手に同意を促そうとしてるんだ... でも同意を求めようとしてる割には声のトーンが高い!! ということは相手はわたしが今日の気温についてどう思ってるのか知りたいのか!?!?)

と言った風に思考回路が働くのである。残念すぎる。

 

そしてだいたい最後にたどり着く結論としては

(同意だ... きっと同意を得ることにより承認欲求を満たそうとしているんだ... だからここで返すのはYes! なおかつそれでは味気ないからオウム返し! しかもそれでは会話が続かないからbutで接続だ!!!!!)

となり、「そうだねー、暑いね! けど風が吹いてるから快適だねー!」
という感じに返してしまう。これ以外の返し方をなかなか思いつけない。ポンコツすぎる。自分よりどこかのケータイ会社とかに置いてあるペッパーくんとかの方がしゃべるのが上手いと思う。


さらにこれらの症状があるので多人数で話すのがとても苦手である。1人1人の仕草や目線を確認している内に会話が進んでいく。わたしはただひたすら笑顔で相づちマシーンと化すのである。笑顔だけは得意なのでこの状態でも顔が全く引き攣ることなくただひたすら相づちを打てるが周りから見れば完全に変な人である。浮くのである。今どきペッパーくんも相づちくらい打てるだろうしこの辺でもロボットに惨敗してるのである。


もう1つ苦手なものがある。距離間隔の測り方である。特に男子との距離間隔が苦手なのである。何なんだあのあってすぐの微妙な間合いを測る時間...
わたしは相手を観察し続けているのですぐに相手のことがなんとなく分かりもう居合いの達人のようなスピードでスパーンと距離を詰めてしまうのだがそれに対して相手、特に男子はそれはもうカメのようにのろのろと距離感を詰めようとしてきてそこで距離感が食い違うのである。結果として居合切りのようなスピードで突っ込んでいって相手のATフィールドに弾かれるのである。弾かれなくてもたいてい変人扱いされるのである。しかもそれを何度も繰り返す。
学習能力もクラウドで学習するペッパー君以下だよ... ペッパー君優秀すぎる...
いや、自分が不毛すぎる... サハラ砂漠も真っ青な不毛さだよ!! 砂漠が青くなったら怖いけど!


これを読んできていかにペッパー君が素晴らしいか分かっただろう。みんなペッパー君買おう。しかしわたしはペッパー君が持ってないものを持っているよ!! それは!! 人間の暖かさだよ!!!!! だからペッパー君よりも弱くてもどうか見捨てないで!!愛してください!!!!!!